野上畳店のブログ

川崎で畳のことなら置き畳から琉球畳まで畳ドクター 野上畳店

#5日で5000枚

今晩は 川崎市 高津区 子母口 334 − 2

#野上畳店です。📞 0120 722 981

創業 昭和20年 武蔵小杉で 畳一筋70年

平成27年 高津区子母口に 移転しました。

#新規畳と張り替え #新規障子と貼り替え

#新規襖と貼り替え #新規網戸と張り替え

全てお任せください‼️

5日で5000枚の約束の関東地区会議が昨日は東京、今日は埼玉で行われました。

昨日は仕事と総会で本日、埼玉会場の会議に参加しました。

f:id:nogamitatamidr:20190519221636j:image

初めて大宮駅に降りました。

f:id:nogamitatamidr:20190519221756j:image

事務局の前田さん(兵庫県)が議長でお話しされました。(参加者16名)

始めに参加者が自己紹介とグループ活動に対する考え方や思いを話し、過去の災害時の経験談

と反省点が紹介されました。

このグループが発足されたのが5年前で岡山の災害が初めてで、役所に行って話しても門前払いだったそうです。このグループの趣旨は自分たちの町は自分たちで守ろう!

災害時、自治体から要請があれば、すぐに発令

されて、無償で新畳を避難場所(例えば体育館)に届け畳を敷くまでやります。

グループに入っている地域が被災された時は

その地域は自治体とグループのパイプ役です。

(必要な畳の枚数とか、届けられた畳の敷き込み、その後の様子を見まわる)

被災された地域に近い処から畳の製作で枚数が多くなれば、範囲を広くなっていきます。

今現在、要請があれば7000枚可能だそうです。(毎年更新があります)

私の地域(川崎市)にこのグループに参加している畳屋さんが誰もいないので、市にも話を持って行けず協力店を募っていきます。

初めは門前払いでしたが、今では自治体から是非とお声がけかかる事も多いそうです。

f:id:nogamitatamidr:20190519230433j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230446j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230415j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230449j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230424j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230411j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230419j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230428j:image
f:id:nogamitatamidr:20190519230455j:image

現在協定を締結させていただいた自治体は

148市町村です。

5日で5000枚の約束参加畳店

f:id:nogamitatamidr:20190519232139j:image

1時から5時30分まで、沢山の意見が出て

充実して会議になりました。

帰るのが遅くなるので懇親会はパスしました。