野上畳店のブログ

川崎で畳のことなら置き畳から琉球畳まで畳ドクター 野上畳店

#ありがとうございます!

#野上畳店のはてなブログがお陰様で

20000アクセスを越えることが出来ました

1410件です。スマホが壊れた時以外ほぼ

毎日ブログ更新をしています。

正直、何度も辞めようかと思いました。

お客様から一週間に一度で十分と言われましたが、性格でそれだと、楽を覚えて辞めてしまいそうです。

ちょっと畳のお話しをします。

当店は4年くらい前から賃貸以外100%

国産畳表を使っています。それ以前は中国産も

扱っていましたが、その当時、お客様に国産が良いですか?それとも中国産でも良いですか?

全員のお客様から出来れば国産が良いと言われて、取引先の広島県の問屋さんに連絡して、

中国産は全て処分して欲しいとお願いして、

国産品に変えました。

その頃から一階には季節に関係なく身体に安全なカビ止めを無料で散布しています。

後、畳表に着いている、イ泥を特殊な掃除機で吸ってから、霧を吹いてブラッシングして畳縁

を付けて完成してから、乾拭きをしてから

軽トラに積んでお客様にお届け致します。

f:id:nogamitatamidr:20181011221805j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011221811j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011221819j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011221826j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011221842j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011221852j:image

#畳表が出来るまで(5年くらい前に熊本に何度も行った時の写真です、やりかたがわからないので以前使っていた携帯の写真をこのスマホで撮りました。)

7月の初旬にい草刈りをした写真です。

f:id:nogamitatamidr:20181011224426j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011224502j:image

f:id:nogamitatamidr:20181011225214j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011224516j:image

刈り取ったい草は熱を持って色が悪くなるので

地下水のシャワーを浴びせます、45分くらい

f:id:nogamitatamidr:20181011224748j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011224757j:image

それが終わるとコンクリートの浴槽?に淡路島の泥を2種類混ぜて泥水を作りその中にい草を浸けます。

f:id:nogamitatamidr:20181011225041j:image

f:id:nogamitatamidr:20181011225318j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011225330j:image

わかりにくいですが、泥水につけた後です。

動画が有りましたが写真を撮るとボケてダメでした。

大分飛んでしまいましたが、泥を付けたい草を乾燥機に移します、身体は泥だらけになります

50度設定で17時間乾燥させます。

翌日白っぽくなった、い草を50センチくらいの束にして袋に詰めて寝かせます。

f:id:nogamitatamidr:20181011225534j:image

このまま寝かせるとい草が持っている酵素と泥とが混ざり合って50日以上経つ(寝かせる)と

い草の香りがしてきます。寝かせる前は青草ですから雑草と同じ匂いです。熊本に行って初めて聞きました。

袋から出して選別をしてから、織り機で畳表を織ります。織ってから、仕上げして、農協などに出荷されます。因みに畳表を織るのに、一枚1時間かかります。

8月に入ると二次苗と言う作業です。、

育てている、い草を8月に抜いて根から30センチくらいに切ってから株分けをして田んぼに植えます。

f:id:nogamitatamidr:20181011223634j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011223646j:image

これを田んぼに植えます。

f:id:nogamitatamidr:20181011224237j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011224244j:image

私も体験させていただきました。

ゴムの薄い特殊な長靴を履いて作業します。

側溝にはシジミが取れます。

この苗が伸びて、12月に抜いて本田(ほんでん)に植え替えます。翌年5月に、先刈りと言う作業、い草の根元に陽が当たるようにする作業です、刈り取りは6月末から7月の初旬です。