野上畳店のブログ

川崎で畳のことなら置き畳から琉球畳まで畳ドクター 野上畳店

#上平間裏返し#陣屋アパ

今晩は 川崎市 高津区 子母口 334 − 2

#野上畳店です。創業昭和20年小杉御殿町交差点近く府中街道沿いに間借りして先代が畳店をオープンしました。その頃は畳を縫う糸が悪く直ぐに切れたと父から聞いていました、糸に塗る油が高くて、大変だったと母から聞きました。当時は食べていくのが精一杯だった様です昭和28年小杉町3丁目(現在イトーヨーカドー武蔵小杉店西口前)に土地を借りて奥の方に小さな平家を建て、仕事場と住まい(5帖と押入れとぽったん便所)に家族5人で翌年妹が生まれ、5帖の部屋に6人で暮らしていました。

平成27年高津区子母口に移転しました。

本日の仕事

上平間のOBのお客様。

f:id:nogamitatamidr:20181011210548j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011210554j:image

ちょっと年月が経ち過ぎ?ましたが裏返しをしました。

f:id:nogamitatamidr:20181011210738j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011210746j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011210755j:image

畳床も次回は新畳に変えた方が良いと思います

陣屋町にアパートの畳を敷いて来ました。

f:id:nogamitatamidr:20181011211339j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011211344j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011211353j:image

お客様は決まって居ませんが、畳を敷いてから

不動産屋さんに言うそうです。

f:id:nogamitatamidr:20181011211441j:imagef:id:nogamitatamidr:20181011211447j:image

#畳の寸法を測って書いた紙です。

寸法を取ってから、均等に割り出します。

赤ペンの寸法で作ります。

今では殆どの畳屋さんが、レーザーを使って寸法を取りますが、私は先代の父が考えた寸法の取り方を今でも実践しています。フローリングに畳を敷く場合は針を刺さないので、レーザーを使います。最近の若い畳屋さんはレーザーでしか、寸法を取れない方も多いと聞いています

(レーザーだとちょっと教わると素人でも寸法を取れます)  今、当店でも息子に父の取り方を教えています。

その①畳の大きさはみんな違うので、畳の敷いてある場所を変えてはいけません。

その②畳の裏側に東西南北と方角が書いてあります。知りたい方はお店まで来て下さい、丁寧に教えます。字の上を中側にして、方角を見てその通りに敷けば良いです。

畳の寸法はcmでは有りません、曲尺です。

江戸間の畳の長い方は5尺8寸(1760ミリくらい)短い方は2尺9寸(880ミリくらい)が基準です。京間は6尺3寸と3尺1寸5分が基準です。畳の目2目が大体1寸です、縁幅も同じぐらいです。