野上畳店のブログ

川崎で畳のことなら置き畳から琉球畳まで畳ドクター 野上畳店

#他店では出来ないこだわりです

今晩はここ数年注文が無い、藁床です。

昔はほぼ藁床でした、(お米を取った後の藁を

畳床として使いました)しかし40年くらい前になるでしょうか?多摩ニュータウンが出来た頃

異常気象(高温多湿)でケナガコナダニが大量に発生して大問題になりました、当店でも納めた畳からケナガコナダニが出て、賠償問題も出ました、連日連夜、父と私でダニの出た畳を毎朝干しに行き夕方部屋に入れ、翌日も同じ事の繰り返しでした、疲労も重なりこのままでは生活出来ない、畳屋を辞めようと本気で考えました

それも季節が変わり、ダニ問題が無くなりました。その後、ダイケンやスタイロホームなど化学床が出てきて、それが主流になっています

10数年前同業者に話しました。

張り替えをするたびに、徐々に崩れていく

藁床(昔はほぼ藁床、お米を取った後の稲わら)

私は金づちで畳床の化粧わら(畳床の一番上の藁)を叩いて縮め畳床を縫っている糸と糸をボンドで接着している、そうすると後々、張り替えても崩れ無いと言うと、そんなことしていたら

手間にならないと言われました、確かに手間になりません(笑)

しかし、続けていました。

本当に久しぶりの藁床なので、当時を思い出しています。確かに手間になりません(笑い )

最近では軽くて衛生でダニが出難く足の踏み心地いい  

#ケナフ床(化学床)をお勧めしています。

注 藁床には化学表は適しません、藁床では凹凸が目立ちます、和紙表や樹脂表を使う時は化学床にしましょう。

f:id:nogamitatamidr:20180426224643j:imagef:id:nogamitatamidr:20180426224652j:image

藁床が崩れ無いように、バンドを着けています

藁床を使う時は防虫紙を入れる事をお勧めします。 (新畳で裁断する前にしか出来ません)

新畳が出来てからでは無理です。

作る時、床糸を切らない訳にいかないので

崩れます。

わからない事が有りましたらお電話下さい

TEL、0120   72   2981 です。

畳 ドクター 最優秀賞受賞 野上畳店、野上隆明

携帯  090  9203  8142