野上畳店のブログ

川崎で畳のことなら置き畳から琉球畳まで畳ドクター 野上畳店

襖の貼り替え

こんにちは川崎市高津区子母口 3 3 4 – 2

フリーダイヤル 0120– 72– 2981

#川崎畳 #中原区畳 #野上畳店 野上隆明です。

本日は襖の貼り替えです。

f:id:nogamitatamidr:20170328093114j:image

襖の枠は4種類の長さや幅、厚みが有ります

例えば、押入れの場合、スライドさせる時の

引き手側の長い木(ドブ)は細め、引き手の反対側の長い木(マス)は厚めです。

上下の木の上は広い、下は狭い、押入れ二枚で

左が奥、右が手前、押入れの中心に厚めの木が

入り、左が手前に出ていて、右が奥に出ています。

f:id:nogamitatamidr:20170328175843j:image

左右に7ヶ所釘及びネジの頭が入り、押さえながら上か下に叩くと枠が外れず、釘等が見えなく、隠し釘になります、短めの広い木は上に狭い木は下にそれぞれ釘を打ちます、左右を間違えないように気を付けてください。

f:id:nogamitatamidr:20170328180846j:image

引き手を入れ釘を打ちます。

f:id:nogamitatamidr:20170328181246j:image

これは、戸襖です、

周りの枠ははずれません、枠はベラと言い

両面テープで貼って有ります、紙は濡らして剥がし、乾いてから貼ります。